Bb lab. JOURNAL

#PLACENTA

肌管理マニア・大野真理子さんが語る
「プラセンタ」の魅力とは(前編)

2021.06.01

今回は、「#皮膚の変態」というほど皮膚管理マニアとしてSNSで多くの信者を持つ大野真理子さん(※旧姓:奥村真理子さん)が登場。様々なスキンケア商品を使ってきた真理子さんが感じた「プラセンタ」の効果や、どんな肌悩みを持つ人にオススメか伺いました。

美容好きのマストアイテム。
若い時からしっかり肌が応えてくれる、プラセンタ美容

スキンケア商品によく配合されている「プラセンタ」。なんとなく肌に良さそうなイメージを持っている人も多いと思いますが、実際に肌にどのような効果をもたらしてくれるのでしょう?

40代とは思えないハリ・ツヤ溢れる美肌で多くの女性から支持される大野真理子さん(※旧姓:奥村真理子さん)。
プラセンタに初めて出会ったのは20代の頃だとか。

「美容ライターさんにすすめられて使ってみたら、すっごく肌が喜んでいるように実感したんです。当時は若かったので、特に肌悩みもなく今より気を遣わずにいたのですが、それでもすぐにプラセンタ の良さは感じられました」

今では顔に塗るだけではなく、飲んだりもするなど、プラセンタはずっと真理子さんの身近にある成分。日々、美容好きな友人たちと情報交換するなかで、プラセンタはよく話題になるといいます。

「美容が好きな人は、ほぼみんな化粧品にプラセンタがラインナップされていると思います。そのなかでも私は、原液や濃度が高いものを選ぶようにしています。高濃度を選ぶ理由を聞くと、「美容好きだと、どうしても原液で攻め込みたいというか ……(笑 )」と笑う真理子さん。

美容が好きな人って刺激的なものを顔に塗ったり、美容医療に通ったりもするので、それと同じくらい守りのアイテムも持っていたいんですよね。プラセンタは保湿や肌を整えることが期待できるので、肌を守るアイテムとしてとても重宝しています」

肌のコンディションによって、
プラセンタで“守りのスキンケア”を

そもそも真理子さんが推奨しているのは生理周期に応じて使うアイテムを変えていくスキンケア。とくに肌が揺らいでスキンケアを迷いがちな生理前の時期にも、肌がもともと持っている天然保湿因子と同じ成分を含んでいるプラセンタがぴったりだといいます。

「結果的に生理前に肌荒れを起こさなくするために、詰まらない肌づくりをしたり、攻めのアイテムを使うことも大切なのですが、いざ実際に肌が揺らいでいる時期には同じケアをするのはNG。そういう時期はやっぱり丁寧なスキンケアで健やかに導いてあげたいので、守りのアイテムとしてプラセンタがオススメです」

使用するうえで慎重に選びたい商品もあると思うんです。プラセンタは、生理前の揺らぎやすい時期はもちろん、いろいろな肌悩みの人でも使える成分な ので、様々な人に安心です。

「娘にも教えたい」。
年齢に関係なく使用できるプラセンタの魅力

プラセンタは、何か一つの肌悩みに!という成分ではないからこそ、年齢や肌悩みによって実感する効果が違うかもと話す真理子さん。 いったいどんな肌へと導いてくれるのか聞くとこう教えてくれました。

「年齢が上の人だとハリや透明感に、若い人なら肌の引き締めにおすすめできると思っています。あと、30 歳くらいからは、いきいきとした健やかな印象の肌に導くためのアイテムとして取り入れるといいですね。肌の質感の悩みに関しては若いうちからプラセンタをコツコツ使うことで美肌貯金ができると思います。私の娘が大きくなった時にもプラセンタならすすめやすいです」

さまざまな年代でも、肌悩みでも。大のスキンケア好きも太鼓判のプラセンタ。後編では、そんな真理子さんが愛用するプラセンタコスメについてお話を伺います。

※ 保湿成分

ページの先頭へ戻る